引越し やること

引越しは新居や新しいオフィスを探してそこに荷物を移動するだけでなく、引越しに関わる書類の申請や業者選びなどさまざまなやることがあります。

例えば、引越しが決まったら引越し日によって、残りの賃料の計算なども行われるため、できるだけ管理会社や大家さんに引越しの連絡をして退去時期を伝える必要があります。引越しの日がはっきり決まっていなくても、大体の予定を伝えるようにしましょう。一般的には、引越し日の一か月前には引越しの予定を伝えます。

引越しが決まった場合は、友人や親せきや両親、オフィスの場合は関連企業などに引越し先をお知らせする必要があります。引越しのお知らせは引越しが完了してから3か月以内に連絡するのが礼儀です。そのため引越し日が決まったらあらかじめ案内状を作成するようにしましょう。

引越しに当たってはゴミや不用品の処分も問題になります。引越しに伴い不要な物を処分したり、引越し先の面積などの事情で、家具などを処分しなくてはならなかったり、引越しでは粗大ゴミや不用品が多く出ます。不用品の処分の仕方は、廃棄する、売る、譲るといった対処法があります。ゴミや不用品が多い場合は、不用品回収業者への依頼も検討する必要があります。そのため、引越し前にどのくらいのゴミや不用品が出るのかを確認して、どのように処分するのかを考えておく必要があります。

子供がいる家族の場合、引越しに伴い幼稚園や保育園の転園、小学校や中学校の転校先のことも考え、手続きをする必要があります。引越しでは、やることがたくさんあるため、早め早めに準備をするようにしましょう。



|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|